スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

マタニティの水着

 妊娠期には、体調がすぐれない事も多く、体を動かすのが大変です。

マタニティの運動の中で、一番体が楽なのはマタニティスイミングでしょうかね。

マタニティスイミングは、水中でお腹の重みを感じないので、楽に動く事が出来ます。

マタニティスイミングを始める前には、事前に医師に検査&相談しましょう。

さて、マタニティスイミングを始めるとなるとマタニティ用の水着が必要です。

最近では様々なマタニティ用の水着がありますから、選ぶのも楽しみですね。


マタニティの水着選びでは、ワンピースタイプの水着よりも、セパレートのタイプの水着か、チュニックの様なデザインになっているものが可愛いのですね。

また、ボトムが長めのパンツで膝位まで丈があるマタニティ用の水着もあります、これなら露出も抑えられて可愛く着る事が出来ますし、チュニックワンピースの様なタイプのマタニティ用の水着も可愛く着こなすことが出来ます。

チュニックタイプならデザインがフェミニンで、ゆったりめのデザインなので、お腹も強調されません。

   
category : 妊娠した!出産の準備は? | comments(25) | trackbacks(0)
ページトップ▲

マタニティヨガ

 妊婦さんの間でマタニティヨガが注目されています。

マタニティヨガは、妊娠中の肉体・呼吸・精神を整えて、体と心の安定を目的としています。

ヨガといっても、マタニティヨガでは特別に柔軟性が必要ではないポーズを組み合わせて、大きなお腹でも可能な様にアレンジをされているので心配ありません。

ヨガでは呼吸法を重要視している為、陣痛の時にとても役に立ちリラックスした状態で分娩に臨めたという方も多いようです。

また、自律神経への働きかけを通して、お産に必要なホルモンの調節や、不安やストレスの解消などの報告もあります。

さらに、妊娠中によくある肩こりや腰痛、運動不足の解消などにも効果があります。

マタニティーヨガは、妊娠15週以上で妊娠経過が正常な方なら誰でも行うことが出来ます。

   
category : 妊娠した!出産の準備は? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

マタニティの運動

 以前は妊娠したらあまり運動などはしないほうがよいとされていましたが、最近では適度な運動を進められることも思います。

ただ、これまであまり運動をしてこなかった方にとっては、どんな運動をしたらよいのか迷うところです。

マタニティの運動に良いとされるものをいくつか紹介します。


・マタニティービクス

マタニティービクスと聞くと、スポーツジムなどで行われているエアロビクスを想像してしまいますが、この場合はエアロビクスの本来の意味、有酸素運動を意味します。
妊娠時には腰痛、便秘、肩こりなどの症状に悩まされることが多いですが、マタニティービクスによって、心拍数を高め、一定時間それを持続させる事によって症状を緩和する効果があります。
また、体重増加にも効果があり、妊娠線を出来にくくする効果も期待できます。


・マタニティスイミング

マタニティスイミングを行う前には、まずメディカルチェックを行う必要があります。
マタニティスイミングの効果としては、肺活量の増加があげられます、これは分娩時間の短縮をするなど、安産効果が期待できます。
また、妊娠中毒症、下肢静脈瘤、腰痛、便秘などの予防とその治療にも大変優れていますし、体重のコントロールにも効果があります。


・ジョギング

ジョギングといっても、早く走ったり、長時間走ることを目的とはしません。
大股で早歩く、ウォーキングよりチョット早め運動を20分程度行います。

以前は、有酸素運動は連続して行わないとダイエットなどに効果が無いと言われていましたが、近年ではトータルした時間でも効果があるとの報告もありますので、自身の中で無理が無いように取り入れるようにしてください。

   
category : 妊娠した!出産の準備は? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

妊娠時の身体の変化

妊娠時には身体にイロイロな変化が起きます、とくにはじめての妊娠の時には不安になることでしょう

ここでは、妊娠時に起こりやすい身体の変化について書いてみます。
 

・便秘

妊娠すると便秘がちになります、これはホルモンバランスの影響で、腸の動きが鈍くなることが原因です、また、子宮が腸を圧迫することも原因となります。


・腰、腹の張り

妊娠で大きくなった子宮が、膀胱や腸を圧迫して腰やお腹が張っている様な感じになります。


・乳頭の変化

妊娠するとホルモンの影響によって乳頭が敏感になり、服や下着に触れたりするだけで、こすれて痛みを感じる事があります。


・胃のムカつき

吐き気や胃もたれ、胸のムカつき、匂いに対して敏感になるなどの症状が現れるばあいがあります。


・体が熱っぽい

妊娠初期には基礎体温の高温期が長く続きます、体が熱っぽくなったりして、風邪をひいたように感じます。


・肌荒れ

妊娠中はホルモンバランスの変化で、肌荒れや、シミソバカスが目立つ、化粧のノリが悪くなるなどの症状が現れやすいです。


・おりものの量が増える

妊娠中はホルモン分泌の影響で、膣内の分泌物が増えますので、おりものの量が増えます、粘りがあり乳白色ですが、強い匂いなどはありません。


・眠い/ダルい

妊娠すると無性に眠くなったり、体のだるさを感じる様になります。


・イライラする

妊娠初期にはホルモンバランスの影響により、訳もなく泣きたくなったり、落ち込んだり、怒ったりするなど、情緒不安定になりやすくなります。
   
category : 妊娠した!出産の準備は? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

妊娠・出産の不安、悩み

 妊娠出産は喜しいと同時に、多くの不安を抱える時期でもありますよね。

とくに初めての妊娠では多くの不安を抱えることになってしまいがち、周りに悩みや、相談を聞いてくれる人がいればよいのですが、なかなか思うようにはいかないですよね。

現在ではインターネットを利用したコミュニティーなどもあり、情報は入手しやすいですが、それが真実であるかどうかは難しいところです。

そこで、まずは信頼できそうな大手サイトに登録してみることをお勧めします

有名なとこでいうと、ベネッセコーポレーションが運営しているママやマタニティママの為の口コミサイト「ウィメンズパーク」というサイトがあります。

このサイトでは出産妊娠や育児についての悩み事を相談したり、先輩ママさん達からのアドバイスが貰えたり、色々な役立つ情報を見る事が出来る話題のサイトです。

また、産婦人科や、小児科などの口コミ情報がありますので、近くの病院探しにも便利です。
妊娠したかな?と思った時点から覗いてみることをお勧めします。


また、これらのコミュニティーは、同じような状況にある仲間の意見や、質問も見ることができるので、自分ひとりでは気がつかなかったことにも気づけるよい場所になると思います。
   
category : 妊娠した!出産の準備は? | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
妊娠した!出産の準備は?サイトトップへ